仕事によく効くおまじない

トップページ > 仕事によく効くおまじない

仕事の成功にはおまじないが一番?

仕事で大成功を収めた。いわゆる『人生の勝者』と呼ばれる人たちとそうではない人たち。 これら両者を分けるものはなんだと思いますか?

才能や能力など自分の実力?

権力を巧みに利用するための人脈?

それとも培った経験や努力?

実はこういった要素は全てオマケでしかありません。 勝者と敗者を分けた最大の要因はずばり『運』です。

「そんなことない!結果に運なんて関係ないはず!」と思っているあなたに、1つ丁度いい例をご紹介しましょう。 マイクロソフト社の創業者でWindowsの生みの親、総資産9兆円を超える文句なしの成功者であるビル・ゲイツです。 彼が成功したのはプログラミング技術の高さによるところが大きいのですが、そのきっかけとなったのが通っていた学校で貸し出されていた高性能なコンピュータでした。 そこでコンピュータに触れたからこそビル・ゲイツはプログラミングに興味を持ち、今日のような栄光を収めたのです。

もし、ゲイツが通っていたのが別の学校だったら。 もし、貸出用のコンピュータが性能の悪い物だったら…きっとゲイツがマイクロソフト社を立ち上げることはなかったでしょう。 彼の成功に努力が与えた影響も大きいですが、そもそものきっかけとなったのが運であることは否定できないでしょう。

成功者ほど運の大切さを知っている

仕事で結果を出すための自己啓発本は数え切れないほどありますが、そのほとんどは努力の大切さがライフハックを説く物です。 しかし、努力やライフハックで結果がでるのなら、世の中はもっと成功者で溢れかえっていてもいいのではないでしょうか。

実は、成功者達は決して口外しませんが、高い能力を持つ人ほど運の重要さを理解しているのです。 その証拠に、社長や起業家の中には顧問弁護士ならぬ顧問占い師と契約している人もいますし、験担ぎを欠かさない人も大勢います。 私たちができる身近なものとしてはおまじないが当てはまるでしょう。

彼らの行動は『会社を経営する』という点から見ると不合理なようにも思えますが、会社として大きな業績を上げるには、 個人個人の実力よりも世の中の流れを見極め、好機を掴むことが必要であると分かっているからこそ、おまじないに頼ってでも運を引き寄せようと必死になるのです。

成功は90%の運と10%の努力

幸運が成功に及ぼす影響はとても大きいものですが、「じゃあ、運が全てなの?」というと、さすがに世の中そんなに甘くはありません。 確かに仕事において運はとても大切な要素です。

自分の才能を見出す運、才能を活かせる仕事に出会う運、職場の人間関係に恵まれる運、仕事ぶりを認めてもらえる運… どれか1つの運でも欠けると成功するのは難しくなるでしょう。 しかし、運によって与えられた才能や環境、人脈をどう活かすかということには運よりも努力の問題です。

成功するために必要な運が90%だとするなら、残りの10%は努力が必要になりますし、逆にいくら努力したとしても90%の運がなければ成功はしません。 けれど、自分がどのくらい幸運に恵まれているのかなんて誰にも分かりません。

結局のところ、成功するか失敗するかはともかく、一歩を踏み出さなければ何も始まらないのです。 運を自ら引き起こすために、今こそおまじないを始めましょう。